対ドイツ軍として急速に出来上がったソビエト軍のコレクション。WWIIで代表的なT34/85から初期に活躍したKVシリーズ戦車、後半に配置されたIS-2。SUシリーズの突撃戦車など。

Cobi-2467
SU-85
襲撃砲戦車 

イスラエル国防軍の主流重戦車メルカバは1978年に配置され、今でも国防軍の主流戦車として使用されている。常にアップグレードされ、現在は120mm滑空砲を搭載。主な特徴はエンジンが前にあることと、最高で歩兵6名を搬送できる。 

部品数             400

ミニフィギャー              2

全長 (cm)          28.2

幅 (cm)             10.4

高さ (cm)           11.9

重量 (gram)        534

¥5,900
税・送込み
(定価 6,800)

to

Store

2476A T34-85 Front View RGB 72ppi.jpg
Cobi-2476A 
T-34/85
(1944)

1941年7月に実戦に投入されT34は今までの戦車の設計理論を変える。攻撃力、駆動力、防衛力を持ち、その上整備が簡単なため80万台以上のバリエーションが生産された。1942年には改善されたT34/85が配備され、76.2mm砲から85mm砲にアップグレードされる。戦後T34のコンセプトはT54/55に引き継がれる。

部品数             505

ミニフィギャー              1

全長 (cm)          30.0

幅 (cm)             12.0

高さ (cm)          10.0

重量 (gram)        --

¥7,400
税・送込み
(定価 7,800)
Cobi-2489
KV-1

戦争初期、ドイツ軍の88mm対戦車砲以外全く対抗できず。戦場の突破口を開く為、強力な76mm砲と分厚い走行板を装備。生産費用が膨大かつスピードが遅い理由で、T34に交代。この戦車デザインは後継ISシリーズの原型。

部品数             400

ミニフィギャー              2

全長 (cm)          22.1

幅 (cm)             11.8

高さ (cm)            9.8

重量 (gram)        557

¥5,950
税・送込み
(定価 6,400)
Cobi-2490
KV-2

KV-2はKV-1の車体に、当時一番大きい152mm榴弾砲の砲塔を搭載。フィンランド戦では、コンクリートの建物破壊に効果。57トンの重量と、高い砲塔の不安定さが弱点。特に傾斜で動きが限定され、後継車に交代。生産台数334台。

部品数            510

ミニフィギャー             2

全長 (cm)         24.0

幅 (cm)            12.0

高さ (cm)          12.2

重量 (gram)       636

¥6,450
税・送込み
(定価 6,800)
Cobi-2491
IS-2M

ドイツ軍戦車の巨大化に対抗し生産された120mm砲搭載戦車。防衛で装甲板も120mm。撃つスピードが毎分2-3発。最高27発の搭載。ドイツ軍は前面からの戦闘を回避。ベルリン戦等、対戦車のみならず対建造物で威力を発揮。

部品数             575

ミニフィギャー              2

全長 (cm)          32.7

幅 (cm)             12.2

高さ (cm)           10.5

重量 (gram)        622

¥7,400
税・送込み
(定価 7,800)

Copyright (C) 2018 DANAR International All rights reserved.