2021SUMMER LINE-UP 次回入荷は6月です! 準備中!

3-2540 Kingtiger Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-2540
ティーガーⅡVIB (ポルシェ砲塔型

タイガーⅠの後継。配置が70トンのタイガーⅡ (ケーニッグスティガー)。強力な88mm対戦車砲搭載。装甲板厚さ185mm。1500台発注、連合軍の工場爆撃により実際の生産台数は約500台。初期に機械的な問題があるも、改良され戦闘力に優れた戦車。西部戦線と東部戦線両方で使用。(この戦車はポルシェ砲塔型) 重量:68.5トン、全長:7.38m、幅:3.75m、エンジン:マイバッハ HL230 V型12気筒ガソリン690hp、最高速度:40km/h、走行距離: 100km、乗員:5、主砲:8.8cm (KwK 43L/71) 対戦車砲、副武装:7.92mm 機関銃 x 2、生産台数:489輌。

部品数:           800

ミニフィギュア          1

全長 (cm)       29.5

幅 (cm):          12.5

高さ (cm):      11.0

重量 (gram):    --

¥14,500
税・送込み
​(予定)
3-2538 Tiger Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-2538
ティーガーⅠE型 TigerⅠAusf. E)

ドイツで開発された重戦車。最終的にはVI号戦車ティーガーE型(Tiger ⅠAusf. E.)と呼ばれていた。もとはT-34戦車に対抗するために設計された。1942年8月から2年間生産。タイガーⅡの登場とともに1944年に生産終了。連合軍に恐れられた8.8cm戦車砲を搭載。前面装甲は100mmもあり。最強の戦車であるが、生産台数が少なかったため、戦場での活躍は限られた。重量:54トン、全長:6.316m、幅:3.56m、エンジン:マイバッハ HL230 V型12気筒ガソリン690hp、最高速度:40km/h、走行距離: 100km、乗員:5、主砲:8.8cm:8.8cm 対戦車砲、副武装:7.92mm 機関銃、生産台数:1,355輌。

部品数:           800

ミニフィギュア:         1

全長 (cm):      29.5

幅 (cm):          12.5

高さ (cm):      11.0

重量 (gram):    --

¥10,500
税・送込み
​(予定)
Cobi-2529
Ⅲ号突撃砲
D型

第二次世界大戦中、ドイツで開発された初めての突撃砲。ベースの車体は信頼できるパンツァーⅢ号。歩兵支援装甲車輌として設計されたが対戦車砲として主に使用。このⅮ型は75mm対戦車砲StuK 37L/24を搭載し、一番生産された型。11,300台のうち8,000台以上がこのG型。全長:6.85m、幅:2.95m、重量:22.0トン、エンジン:320hp V型 12気筒ガソリンエンジン、行動距離:155km、最高速度:40km/h、乗員:4、主兵装:7.5cm StuK 37L/24、副兵装::7.92mm 機関銃。生産台数:10,086

部品数:           530

ミニフィギュア:          2

全長 (cm)       19.0

幅 (cm):          10.5

高さ (cm):      10.0

重量 (gram):     --

¥8,800
税・送込み
​(予定)
3-2529 STuG III Frontview RGB 72ppi.jpg
3-2528 Sturm II Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-2528
Ⅱ号自走
重歩兵砲

15cm重歩兵砲を搭載したI号自走重歩兵砲としてフランス戦で予想外の活躍。改良されてⅡ号戦車の車体をベースに1941年2月に試作車が完成され、アフリカ軍団に配備。砂漠の状況ではエンジンの冷却に問題があり、機動力がなかった。しかし、15cm砲は有効で、1943年5月の降参まで使用。全長:5.41m、幅:1.71m、重量:1120kg、エンジン:152hp マイバッハHL62 TRM 6気筒ガソリンエンジン (行動距離:190km、最高速度:40km/h、 乗員:4、主兵装:15cm sIG33、副兵装::7.92mm MG43機関銃。生産台数:12

部品数:           465

ミニフィギュア:         1

全長 (cm):      19.5

幅 (cm):           9.0

高さ (cm):      10.0

重量 (gram):     --

¥7,900
税・送込み
3-2526 250-3 Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-2526 Sd.Kfz.250/3
軽装甲車

デマーク社が開発製造した軽装甲兵員輸送ハーフトラック。1941年3月から終戦まで生産。様々な派生型が作られたが250/3は突撃砲部隊で指揮官用として採用。特徴は大型フレーム式アンテナ。空軍との連絡用の無線指揮装甲車としてロンメルの北アフリカ戦線で活躍。オンメルの車両は”グリフィン”と名付けられた。

全長:4.56m、幅:1.945m、重量:5.8トン、エンジン:マイバッハ 4.17L HL42 6気筒ガソリンエンジン 99hp、最高速度:76 km/h、走行距離: 300—320km、兵員:4、生産台数:6,628台、武装:1~2 MG34 7.92mm機関銃、装甲:8-15mm、生産台数:6628(全片)武装:7.92mm MG43機関銃

部品数:           426

ミニフィギュア:        1

全長 (cm):      18.0

幅 (cm):           8.0

高さ (cm):      10.0

重量 (gram):     --

¥7,100
税・送込み
​(予定)
3-2542 T34-85 Frontview 72dpi 1000px RGB
Cobi-2542
T-34-85
中戦車
 

1941年7月に実戦に投入され、T34は今までの戦車の設計理論を変えた。攻撃力、駆動力、防衛力を持ち、その上整備が簡単なため80万台以上のバリエーションが生産。1942年には改善版T34/85が配備され、76.2mm砲から85mm砲にアップグレードされる。戦後T34のコンセプトはT54/55に引き継がれる。大戦中一番多く生産された戦車でもある。重量:32.0トン、全長:9.45m、幅:3.00m、エンジン:V型12気筒ディゼル500hp、最高速度:55km/h、走行距離

 

部品数:           668

ミニフィギュア:        1

全長 (cm):       28.5

幅 (cm):          10.5

高さ (cm):      13.0

重量 (gram):     --

¥10,300
税・送込み
​(予定)
3-2541 SU-100 Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-2541 SU-100
自走砲

T-34をベースに開発されたSU-85の改良版自走砲。新型100mm (D-10S)対戦車砲を搭載、装甲版の強化と戦闘室の改善を加え、1944年9月に生産開始。ドイツ降参までわずか半年であったが、高い評価を受けた。搭載された100mm砲はのちにT-54/T-55戦車に採用。重量:31.6トン、全長:9.45m、幅:3.00m、エンジン:V型12気筒ディゼル500hp、最高速度:48km/h、走行距離: 320km、乗員:4、主砲:100mm (D-105)対戦車砲、生産台数:2,335輌。

部品数:           655

ミニフィギュア         1

全長 (cm):      32.0

幅 (cm):          11.0

高さ (cm):        8.5

重量 (gram):    --

¥10,300
税・送込み
​(予定)
3-2401 K-Rad Frontview 72dpi 1000px RGB.
Cobi-2401
ケッテンクラート
Sd.Kfz.2 HK101

ケッテンクラートは1941年から1944年にかけてNSU社ほかにより8345輌生産。大戦後にも550輌が再生産。派生型として、電線敷設用のSd Kfz 2/1と、重電線敷設用のSd Kfz 2/2が存在。 制式名称はクライネス・ケッテンクラフトラート。ドイツの大型輸送機ユンカースJu52に格納できる設計。1941年~1944年、8300台が生産、500kgの荷物、トレーラーもしくは小型砲をけん引する移動が可能。非常に小型で小回りが利き、森林、山間部でも使用。36馬力のエンジン搭載。時速70km。航続距離150km。戦後もおよそ550台生産、農業などで小型トラクターとして使用。全長:3.0m、幅:1.0m、重量:1560kg、エンジン:オペル 4気筒 36hp、最高速度:70km/h、乗員:1、

部品数:           176

ミニフィギュ:          1

全長 (cm        17.0

幅 (cm):           --

高さ (cm):        4.0

重量 (gram):     --

¥3,300
税・送込み
​(予定)
3-2405 Horch 901 Frontview 72dpi 1000px
Cobi-2405
ホルヒ901Kfz.15
1/35

軍用中型四輪駆動オフロード用統制型乗用車。1934年に軍用自動車の仕様の標準化プログラムが開始、多くの部品が共通化。4×4輪駆動で独立したサスペンションを持ちオフロード機能を高める。しかし、複雑な構造・耐久性の低さ、重量が重く燃費が悪いため低評価。1943年に生産終了。全長:4.7m、幅:1.85m、重量:2700kg、エンジン:3.8L 66kW、最高速度:80km/h、乗員:4、走行距離:430km/h、積載容量:600kg 生産台数:14,911台。

部品数:        185

ミニフィギュア :     1

全長 (cm):     13.0

幅 (cm):         --

高さ (cm)   :    5.5

重量 (gram) :  --

¥4,500
税・送込み
​(予定)
cobi-2407_2.jpg
Cobi-2407
メルセデス 770 (W150) 1/35

1930年~1943年まで生産されたメルセデスの最高級車。特にナチスの高級官僚や将校に与えられた乗用車。1938年に改良され、元々型式はW07だが、W150に変わる。重要人物に配置された車は装甲版、防弾ガラスも装着。ヒットラー、ゲーリング、ヒムラーなど使用。昭和天皇の御料車としても使用された(W17)VIP用リムジン。 全長:6.0m、幅:2.07m、重量:2700kg、エンジン:7.7L M150 8気筒230hp、最高速度:170km/h、乗員:6、走行距離: km/h、生産台数:88台。

部品数:         250

ミニフィギュア :     1

全長 (cm):     17.0

幅 (cm):         6.0

高さ (cm)   :   5.5

重量 (gram) :  --

¥5,600
税・送込み
​(予定)
Cobi-2535
M3 75mm
対戦車自走砲

自走砲開発に遅れたアメリカはM3ハーフトラックの車体に予備砲とされた75mm対戦車砲を搭載し、T-12とした。1941にM3 (GMC) として制式化。太平洋戦線ではフィリピン、ペリリュー、サイパンで採用。日本軍の軽戦車に対しては十分の破壊力を持つ。欧州ではより本格的な戦車駆逐車M10の配置により1944年後半に交代。全長:6.24m、幅:2.22m、重量:9.1トン、エンジン:147hp 6気筒ガソリンエンジン、行動距離:150km、最高速度:75km/h、乗員:5、主兵装:7.5cm M1897、生産台数:2,202

部品数:          576   

ミニフィギュア:       1

全長 (cm):      24.5

幅 (cm):          8.5

高さ (cm):       11.5

重量 (gram):    --

¥8,300
税・送込み
​(予定)
3-2535 M3 Frontview RGB 72ppi.jpg
3-2536 M3 Halftrack Frontview RGB 72ppi.
Cobi-2536
M3 ハーフトラック 

史上最も生産台数が多いソビエト軍の主力中型戦車。1945年から配置。現在でも各国で使用。T-54/T-55は、合計約100,000台生産。T-55はT-54の派生型で、核兵器防御用システムを標準装備している。

エンジン:V-12 ディーゼル(581馬力)主砲:56口径100 mmライフル砲 D-10T搭載。エンジンは。時速:55km/h 行動距離:440km 全長:9.0m 重量:36 t 乗員:4名

部品数           580

ミニフィギュア        2

全長 (cm)       25.0

幅 (cm)            9.0

高さ (cm)         9.0

重量 (gram)       --

¥8,300
税・送込み
​(予定)
3-4815 Enterprise Frontview RGB 72ppi.jp
Cobi-4815
空母
エンタープライズ (CV-6) 1/350

ヨークタウン級航空母艦の2番艦。戦争開戦前に建造され、終戦まで無事に生き残った三隻の航空母艦のうちの一隻。太平洋戦争でほとんどの主要な海戦に参加。最も多く改装を受けた空母。異名はグレーゴースト「灰色の幽霊」。アメリカ海軍にとっては歴史的な艦である。就役1938年5月、満載排水量:32,060ton(改装後)、全長:251m、全幅:33.4m、速度:33.6kn、乗員:2,279名、搭載機:80-90機。

部品数:          2510

ミニフィギュア:        --

全長 (cm):       83.0

幅 (cm):          13.0

高さ (cm):        20.0

重量 (gram):     --

¥34,000
税・送込み
​(予定)
3-4821 Belfast Frontview.jpg
Cobi-4821
軽巡洋艦
ベルファスト
1/350

海軍条約で排水量10,000トン以内で制限されたタウン級軽巡洋艦。1938年進水。おもに北大西洋に配置。ノルマンディー上陸作戦では艦砲射撃指令艦として活用。のち1945年6月太平洋戦に配置も戦闘参加前に終戦となる。その後、朝鮮戦争中は佐世保が母港となる。現在は英国大博物館の別館としてテムズ川で展示されている。排水量:11,553トン、全長:187m、全幅:21m、速度:32ノット、室力:80,000shp、兵装:15.2cm砲(3連装砲4基)、10,2cm (2連装砲4基) 2ポンド砲、乗員:750~850名、搭載機:2機。

部品数:          1482

ミニフィギュア:      --

全長 (cm):      64.0

幅 (cm):           9.0

高さ (cm):       19.5

重量 (gram):    --

¥22,000
税・送込み
​(予定)
3-4823 Prinz Eugen Frontview CMYK 300ppi
Cobi-4823
重巡洋艦
プリンツ・オイゲン
1/350

アドミラル・ヒッパー級の重巡洋艦である。1938年8月22日に進水。英国との条約によって、10,000トン以内のはずが、実際は推進時には16,000トンであった。1941年5月にはビスマルクの護衛艦としてフッドとプリンス・オブ・ウェールスとの海戦に参加。その後、北大西洋、ノルウェー海域に配置。戦後、米海軍に引き渡される。ビキニ諸島での原爆実験標的艦として使用される。排水量:16,970トン、全長:212.5m、全幅:21.7m、速度:32ノット、室力:135,619shp、航続距離:13,330km、兵装:203cm砲(2連装砲4基)、10,5cm (2連装砲6基) 37mm機関砲 x 12、20mm機関砲 x 8、533mm魚雷発射管 x 12、乗員:1,400名、搭載機:3機。

部品数:          1790  

ミニフィギュア:        --

全長 (cm):       74.0

幅 (cm):           8.5

高さ (cm):        21.5

重量 (gram):     --

¥27,000
税・送込み
​(予定)
3-5715 Bf-109F2 on Stand RGB 72ppi.jpg
Cobi-5715
メッサーシュミット
Bf109F-2 

メッサーシュミット Bf109(愛称Me 109)は初期のドイツ空軍の主力戦闘機。1939年のスペイン内戦から終戦まで改善を積み重ねて常に連合軍戦闘機と戦ってきた優秀な戦闘機。1941年頃からFW190と交代するが、終戦までおよそ34,000機生産。歴史上これ以上に生産された戦闘機はない。バトル・オブ・ブリテン中は、敵機の8丁の7.7mm機関銃に対してこのBf109E4は20mm砲を1丁、7.92mm機関銃を2丁装備。長距離用戦闘機ではないため、実際の空中戦闘時間は限られ、従来の戦いが出来なかった。戦いの後半にはこのF型も参加。重量:2,350kg、全長:8.94m、幅:9.90m、エンジン:逆V型12気筒1,475ps、最高速度:600km/h、走行距離: 880~1144km、兵装:20mm機関砲x1、7.92mm機関銃x 2。

部品数:          278

ミニフィギュア:       1

全長 (cm):       28.0

幅 (cm):          32.0

高さ (cm):       12.0

重量 (gram):    --

¥6,600
税・送込み
​(予定)
3-5716 Bf-110D Fronview RGB-72ppi.jpg
Cobi-5716
メッサーシュミット Bf-110D

初フライトが1936年5月。駆逐機の双発レシプロ重戦闘機。ロンドンに爆撃機護衛として行くも、英国戦闘機に勝てず、制空戦闘機としての価値が激減。主力夜間戦闘機として活躍。後継機開発の失敗もあり、戦後まで使用。1941年より夜間戦闘機として使用。敵には恐れられた。このD型は長距離型で、長距離駆逐機(Langstrecken Zerstörer)と呼ばれた。重量:2,350kg、全長:12.1m、幅:16.3m、エンジン:DB601逆V型12気筒1,006 ps x 2、最高速度:560km/h、走行距離: 2,410km、兵装:20mm機関砲2門。7.92mm機関銃5丁うち1丁が後向きに設置、生産台数6170機。

部品数:          422

ミニフィギュア:       2

全長 (cm):      30.5

幅 (cm):          42.0

高さ (cm):       10.0

重量 (gram):     --

¥9,800
税・送込み
​(予定)
3-5708 Spitfire VB on Stand RGB 72ppi.jp
Cobi-5708
スーパーマリン
スピットファイア Mk.VB

スピットファイアはスーパー マリン社で開発された単発単座戦闘機。バトル・オブ・ブリテンの一番のイメージが高い。戦時中改善が繰り返され、1961年まで使用。(アイルランド空軍)主任設計技師R.J.ミッチェルが亡くなる(1937年死去)最後の傑作品。1948年まで20,000機以上が生産。初期は.303機関銃を4丁で武装。威力を上げるため8丁になり、最終的には20mm機関砲を4問搭載。初期のエンジンはロールス・ロイス・マーリンの1030馬力。最後的にはグリフォンの2,340馬力まで搭載。ホーカー ハリケーンと共に イギリス を危機から救った戦闘機。重量:2297kg、全長:9.11m、幅:11.23m、エンジン:V型12気筒1,440ps、最高速度:601km/h、走行距離:1826km、兵装:20mm機関砲x2、7.92mm機関銃x 4

部品数:          280

ミニフィギュア:       1

全長 (cm):      27.5

幅 (cm):          34.0

高さ (cm):       13.0

重量 (gram):     --

¥6,600
税・送込み
​(予定)
4-5803 F-15 on Stand RGB 150ppi.jpg
Cobi-5803
F-15 イーグル
1/48 scale

F-15は制空戦闘機であり愛称はイーグル (鷲) 。初飛行は1972年7月。第4世代ジェット戦闘機としてF-4ファントムの後継として開発された大型制空戦闘機。MIG-25に対抗する戦闘機能を持つ。1976年配置。その任務を2040年まで果たす予定。徐々にF-22に交代予定。日本ではF-15Jとして三菱重工が組立実施。航空自衛隊では201機保有。全長:20.04m、全幅:13.04m、全高:5.65m、戦闘重量:18,727kg、エンジン: プラット・アンド・ウィトニーター F100ターボファン x 2、戦闘行動半:: 1,965km、最高速度: 2,482km/h (高度13,716m)、装備:20mm M61A1チェーイガンx1、ミサイル:4~8機、生産数:1,198、機乗員:1~2名、

部品数:          640

ミニフィギュア:       1

全長 (cm):      41.0

幅 (cm):          27.5

高さ (cm):       12.0

重量 (gram):     --

¥11,300
税・送込み
​(予定)
4-5802-Rafale on Stand RGB 72ppi.jpg
Cobi-5802
ラファール C
1/48 scale

フランスのダッソーが開発した多用途戦闘機。フランス、イギリス、西ドイツ、イタリアとスペインでの共同開発計画。最終的にはフランスが単独で進行。開発が遅れ、1986年に初飛行。配置は2001年から。先ずは海軍方のN型生産を重点におき、C型は空軍用単座戦闘機。2040年までフランスの主力戦闘機の予定。インド、エジプト、カタールなどに輸出。全長:15.27m、幅:10.80m、全高:5.34m、戦闘重量:15,000kg、エンジン: M88ターボファン x 2、戦闘行動半:: 1,850km、最高速度: 1,912km/h、装備:30mmチェーイガンx1、兵器搭載:ハードポイント14か所、生産数:196(現在)、機乗員:1名、

部品数:          400

ミニフィギュア:       1

全長 (cm):      32.0

幅 (cm):          23.0

高さ (cm):       11.5

重量 (gram)  :  --

¥7,100
税・送込み
​(予定)
Cobi-5808 AH-64 アパッチ
1/48 scale

基本から攻撃ヘリコプターとして開発され、1975年に初飛行。AH-1コブラの後継機として1983年生産開始。30mmチェーイガンとミサイル (最大16発) により攻撃力はコブラを上回る。1989年パナマ侵攻の実戦から現在まで主力攻撃ヘリとして配置。最大離陸重量:10433kg、全長:17.86mm、主回転翼直径:14.94mm、胴体幅:3.78m、エンジン:ターボシャフトエンジン1690~1890hp x 2、最高速度:293km/h、戦闘行動半径: 480km、乗員:2名、装備:30mm M230チェーイガンx1、ヘルファイアミサイル x 8, 2.75inch ロケットランチャー、生産台数:2,400機

部品数:           510

ミニフィギュア:       2

全長 (cm):       30.5

幅 (cm):          37.0

高さ (cm):       10.5

重量 (gram):     --

¥11,500
税・送込み
​(予定)
5808 Apache Frontview RGB 150ppi.jpg
3-5807 Chinook Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-5807 CH-47チヌーク  1/48 scale
 

チヌークはボーイング社の大型タンデムローターヘリコプター。1961年に初飛行。大型榴弾砲の運搬などのために設計。1965年にはベトナム戦争での評価は高い。その後、必ず重要な運送手段として採用。常に改良され、現在でも配置。1986年には航空自衛隊でもCH-47Jとして採用。現在も生産。最大離陸重量:22600kg、空虚重量:10185kg、全長:30.14mm、主回転翼直径:18.29mm、胴体幅:3.78m、エンジン:ターボシャフトエンジン3,750hp x 2、最高速度:302km/h、戦闘行動半径: 370.4km、積載能力:兵員32名~55名

部品数:           815

ミニフィギュア:       --

全長 (cm):       64.0

幅 (cm):           34.0

高さ (cm):        13.0

重量 (gram):      --

¥14,100
税・送込み
​(予定)
1928 Titanic Frontview RGB 72ppi.jpg
Cobi-1928 RMSタイタニック
(Executive Edition) 1/450

タイタニックは、世界最大の豪華客船として製造され、1912年4月10日に就航。全長269m、幅26.2m、高さ53.3m、総重量およそ5万トン。処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。ディスプレイスタンド付き。(Executive Edition)

部品数:           960

ミニフィギュア:       --

全長 (cm):       64.0

幅 (cm):           --

高さ (cm):       19.0

重量 (gram):     --

¥16,200
税・送込み
​(予定)
3-1929 Titanic (EE) Frontview RGB 72ppi.
Cobi-1929 RMSタイタニッ
(1/450 Scale)

タイタニックは、世界最大の豪華客船として製造され、1912年4月10日に就航。全長269m、幅26.2m、高さ53.3m、総重量およそ5万トン。処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。(ディスプレイスタンド付き)

部品数:           722

ミニフィギュア:       --

全長 (cm):       64.0

幅 (cm):           --

高さ (cm):        15.0

重量 (gram):     --

¥11,300
税・送込み
​(予定)

Copyright (C) 2020 DANAR International All rights reserved.